2004年03月25日

病理学

病理学の教科書一覧です

■医学書院
標準病理学 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
標準病理学 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
標準病理学  ( 次項有amazonで買う )

■医学評論社
チャート基礎 病理学 改訂第5版  ( 次項有amazonで買う )
チャート基礎 病理学 改訂第4版  ( 次項有amazonで買う )
チャート基礎 病理学 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
チャート基礎 病理学 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
チャート基礎 病理学  ( 次項有amazonで買う )

■医歯薬出版
○×問題でマスター 病理学  ( 次項有amazonで買う )

エッセンシャル病理学 改訂第5版  ( 次項有amazonで買う )
エッセンシャル病理学 改訂第4版  ( 次項有amazonで買う )

PT・OT基礎から学ぶ 病理学ノート  ( 次項有amazonで買う )

■講談社
好きになる病理学  ( 次項有amazonで買う )

■中外医学社
コメディカルのための専門基礎分野テキスト 病理学  ( 次項有amazonで買う )

■南江堂
シンプル病理学 改訂第4版  ( 次項有amazonで買う )
シンプル病理学 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
シンプル病理学 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
シンプル病理学 ( 次項有amazonで買う )

■日本医事新報社
新病理学総論 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
新病理学総論 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
新病理学総論  ( 次項有amazonで買う )
新病理学各論 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
新病理学各論 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
新病理学各論  ( 次項有amazonで買う )

■文光堂
イラスト病理学 改訂第4版  ( 次項有amazonで買う )
イラスト病理学 改訂第3版  ( 次項有amazonで買う )
イラスト病理学 改訂第2版  ( 次項有amazonで買う )
イラスト病理学  ( 次項有amazonで買う )


posted by かおりん at 10:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 科目別まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病理学の教科書って何がオススメですか?
ロビンスの基礎病理学、日本語訳をもってるたんですが、どこかに置き忘れてなくしてしまったので。
Posted by at 2006年04月29日 10:38
病理はロビンス以外なら、イラスト病理学が好きです。
Posted by at 2006年04月29日 10:38
かんたんに読むならエッセンシャル病理学。ちゃんと勉強するならやっぱり病理学総論かな。
Posted by at 2006年04月29日 10:38
病理の教科書は新病理学総論&各論(南山堂)をお勧めします!
ロビンスはだらだら書きすぎで、そのわりに要点を外してる気がする。
Posted by at 2006年04月29日 10:44
ロビンスがいいとおもう
Posted by at 2006年04月29日 10:55
病理はロビンスよりもアンダーソン
Posted by at 2006年04月29日 10:57
病理ロビンス絶賛してるひといるけど、異常に高くない?値段のわりに日本語訳はお粗末です。洋書で買ってもいいかも・・
Posted by at 2006年04月29日 11:04
ロビンス読み通す気のない人はイラスト病理学なんてどうよ?
Posted by at 2006年04月29日 11:05
病理はロビンス?標準?
Posted by at 2006年04月29日 22:48
標準はクソと聞く。持ってないから理由は知らないが。
ロビンスは過去レスに書いてある。
もう一つお勧めは新病理総論・各論。
しかし分冊になっており両方そろえると二万円以上するという諸刃の剣。貧乏人にはお勧めできない。
Posted by at 2006年04月29日 22:48
標準の何が悪いの?
新病理各論・総論よりは標準病理の方が私は好きです。

私は、標準とロビンス持っていますが。
(といってもBasic pathologyではなく、Robbins Pathologic Basis of Disease
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/072167335X/okamotokaori-22/ref=nosimの方ね)
どう考えても、訳本のbasic patologyに二万円もかける気はしない。
Pathologic Basis of Diseaseの訳本が二万円なら即買いですが。

ちなみに
basic pathologyは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0721651224/okamotokaori-22/ref=nosim

訳本のロビンス基礎病理学は
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4567503066/okamotokaori-22/ref=nosim
Posted by at 2006年04月29日 22:51
病理はロビン巣よりアンダーウッドがいいと思ふ。
安いし写真も多いしロビンスより系統的でわかりやすい。
Posted by at 2006年04月29日 23:01
病理も法医も教科書いらないでしょ。
Posted by at 2006年04月29日 23:01
アンダーウッドこの前初めて本屋で見たがなかなか良さそうだったよ。
あの値段で、記述もしっかりとしていて、カラフルで見やすかった。
もちろんロビンス悪くはないが、あの値段ならアンダーウッドの方がいいと思った。
Posted by at 2006年04月29日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。