2004年03月25日

この記事へのコメント
解剖学では藤田先生の標準組織学総論,この目次はとてもヨイ!
Posted by at 2006年04月29日 10:39
組織学の『たつお』の書いた入門組織学はいい本だったが。2年生には超お勧め。
Posted by at 2006年04月29日 10:53
今二年なんですが組織学の本を一冊買うとしたら何がお勧めなんでしょうか
Posted by at 2006年04月29日 22:59
高いけど標準組織学を買っておきなさい。
Posted by at 2006年04月29日 22:59
日本医事新報社のQシリーズ ”新組織学”
Posted by at 2006年04月29日 22:59
「人体組織学」はカラフルでよい。
Posted by at 2006年04月29日 22:59
現代の組織學どうよ?
Posted by at 2006年04月29日 22:59
溝口なんとかって人が書いた本は、文と標本写真の配分が適度で
いいかもしんない。
物足りないかもしれんが。
Posted by at 2006年04月29日 23:00
人体組織学は初学者には不向き。病理くらいまで修めた人が読むにはいいかも。
Posted by at 2006年04月29日 23:00
標準組織学いいね。詳しいのに読みやすい。解剖実習の手引きと同じ匂いがするけどね。
Posted by at 2006年04月29日 23:00
組織学をQだけで乗り切ろうかと思ってるんですが、アトラスって買ったほうがいいッスかね?
Posted by at 2006年04月29日 23:43
ふじたふじたんの標準組織学かなぁ。
Posted by at 2008年01月19日 06:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13430808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。